絶対平気!恐怖のないMRIで脳ドック

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

近年身近になってきた脳ドック、脳卒中や認知症など将
来のリスクに備えて受けておきたいでものですね。

脳ドックの基本検査項目は問診、診察、頭部CT、MR
I、MRA、頚動脈エコー、心電図、尿検査、血液検査、
動脈硬化検査など。

中でも脳ドックに欠かせないのはMRI検査ですが、閉
所恐怖症の人にとってはとても高いハードルです。

長細いトンネルの中に頭を固定されて数10分入ってい
るなんて、想像するだけで身震いしてしまいそう。

そんな人にお勧めのオープン型MRIを導入する医療機
関が増えてきています。

知っている?脳ドックが大切な理由とは?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

日本人の3大疾病の1つ脳卒中、発症してしまうと体の
障害という後遺症に悩まされることになる恐ろしい病気
予防するためには生活習慣を整えることはもちろん、前
兆に気づくこと、早期発見が重要です。

脳卒中の中でもよく耳にするくも膜下出血は、脳のくも
膜下腔にある脳動脈瘤が破裂して出血を起こす病気です
が、その主な症状は、ハンマーで頭を殴られたような痛
み、吐き気、意識消失などで、重症になると死に至るこ
ともあります。

その前兆は、血圧の上下やめまい頭痛などですが、普段
の体調不良とは区別しにくいため、MRIで自覚症状が
出る前に発見することでリスクを減らしたいものです。

オープン型MRIなら窮屈でないの?

pl-2014291655789

今まで、MRI検査を受けられなかった閉所恐怖症の人
でも大丈夫、そんなオープン型MRIとはどんなもので
しょうか?それは、怖くない、パニックにならない、明
るくて広いMRI装置です。

周りが見えて開放感があり、あの逃れられない感じがな
いので、一度装置を見れば閉所恐怖症の人でも安心でき
るでしょう。

もう、あの暗くて狭いトンネルの中で、たった1人恐怖
と戦いながらMRI検査を受けなくてよいのです。

今、そんなオープン型MRIが普及しつつあり、脳ドッ
クが受けやすくなってきたことで、閉所恐怖症の人でも
将来のリスクを積極的に減らすことができますね。

オープンMRI

閉所恐怖症の方でもできる脳ドックとは?

pl-2014291655789

【オープンMRIの存在】

人間ドックを受けても脳ドックを受けようとされる方は
まだまだ少ないと言えます。

脳ドックの内容や時間が分からない、MRIに入る事が
怖いなどと理由は様々です。

脳ドックにかかる時間や内容は調べる事が出来ても、
MRIに入るという事に対しての恐怖がある方は、
脳ドックを受ける事が困難となります。

オープンMRIという存在は、閉所恐怖症の方や、
高齢の方など従来のMRIでの検査が出来ない方に
おすすめの脳ドックの検査となります。

オープンMRIの検査内容とは!?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

オープンMRIの検査内容は、従来のMRIと同様と
なっております。

従来のMRIとの違いは、検査のしている
時間が短い!という点があります。

オープンMRIの検査時間は、約15分から30分とされて
おり、ストレスのかからない様に配慮されています。

また、オープンMRIは名前の通り筒状のMRIではなく、
ストレッチャーに寝ているだけで、専用の医療機器が検査を
行なってくれます。

脳卒中は発症の前に進行を止める必要がありますので、
今まで、脳ドックに行っても検査をする事が困難であった、
閉所恐怖症の方などにとっては、気軽に受ける事が出来る
様になりました。

オープンMRIを勧める理由とは?

m030962

オープンMRIでの脳ドックを勧める理由とは、
脳内の疾患の予防や自己のセルフケアを目的として
検査をお勧めしています。

通常の人間ドックでは脳内までは見る事が出来ません。
脳ドックを受けるという事は、この先健康に生活をする
為には、しっかりと自分の体の状態を知っておく必要が
あります。

その為には、オープンMRIでの脳ドックという検査は
必要不可欠になってきます。

閉所恐怖症で脳ドックを受ける事が怖いと考えられている
方は、是非このオープンMRIを使用した脳ドックを
一度お試しください。

オープンMRIの精度とは?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

オープンMRIの精度は従来のMRIに比べると少し
画像診断の解明度が落ちます。

しかし、近年ではオープンMRIの精度の開発や新しい
機器も導入されていますので、あまり差はないところまで
進歩しています。

健康な毎日を過ごすために、脳ドックをお考え下さい。

オープンMRI

閉所恐怖症でも回避しよう!日本の死亡原因第4位!!

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

日本人の死亡原因第4位はなんと脳卒中なのです。

脳卒中の原因はいろいろあります。

くも膜下出血なら未破裂脳動脈瘤、脳梗塞なら
無症候性脳梗塞などがあげられます。

そしてこれらの病変を症状が出る前に発見
するのは脳ドックがベストの選択となってきます。

脳梗塞になり救命できた方も
再発には注意をしなければいけません。

しかし、やはり脳卒中は治療を考えるよりも前に未然に
防ぐ、そのために脳ドックに行くのをお勧めいたします。

何度も言いましたが、閉所恐怖症
ならオープンMRIへ行きましょう。

オープンMRIだから特別高い料金ではない!

0f05689714c835586b40eaa96c627afc_s

オープンMRIだから閉所恐怖症でも
大丈夫だと思っても費用で行くのを
足踏みしてしまう方がいらっしゃいます。

脳ドックは価格帯に幅がありますが
だいたい平均が4万円程度です。

安くしたいのなら、頭部MRI/MRAの組み合わせの
シンプル脳ドックを選べばよいのです。

もちろんこのタイプの脳ドックがすべてオープン型
ではありませんのでシンプル脳ドックの
中からオープン型を選んでください。

オープン型が特別高い値段という訳ではありません。

オープン型の存在を知っていれば速やかに脳ドックへ!

0970a9e9cafd946fe6bbf85e8eead7a4_s

めまいの原因となるのが脳卒中の
可能性の場合があります。

だから速やかに脳ドックへ行くという考えの方もいます。

脳ドックへ行けば症状が無くても
脳腫瘍や脳萎縮までも分かるかもしれません。

閉所恐怖症の方はトラウマがあるかもしれませんが
オープン型のMRIに行けば検査を受けられると思います。

いち早く脳卒中を予防するように心がけましょう。

脳梗塞は予防が第一です。

脳ドックへ行きたいと思われる方はこちら↓
オープンMRI

食事だけでは未解決!閉所恐怖症でも脳ドック!

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

別に脳梗塞、脳出血の症状や前兆が無いから
病院に行く必要が無いし、脳ドックなんて考えた
ことが無いと言われる方も多いかもしれません。

しかし、発症からわずか数分で症状が
大きく出て絶命する危険性だってあるのです。

症状が無いのに病院に行くのは
違和感のあることかもしれません。

しかし、症状が無い今のうちに
行かないと意味がないのです。

そう脳の病気は脳ドックで如何に
発見して予防に努めるかが大事なのです。

なぜなら急性期を終え救命できたとしても後遺障害
である身体障害なのでリハビリに苦しむからなのです。

脳梗塞・脳出血の予防は食事だけでは・・・

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

食事に気を付けているから脳のMRIで脳の
検査なんてしなくてもいいのではないの?
と考えられる方も多いかもしれません。

高塩分食、高脂肪食などは脳卒中の
原因となる動脈硬化を引き起こします。

したがって食事に気を付けるこで
リスクを下げることはできます。

しかし、脳動脈瘤や無症候性脳梗塞などを見つける
には脳ドックで検査をするのが一番なのです。

脳ドックの必要性は理解済!トンネル型MRIは嫌!

1de03752b0036cd7a015fecab4bdc978_s

脳血管障害を確認するために脳ドックが必要
なのは分かったけど、実は私、閉所恐怖症なんです。

つまり、狭いところがダメってやつです。

そう、別の項でも説明しましたが閉所恐怖症の方は
トンネル型MRI(従来)に入るのを嫌がります。

あんな狭いところに入るとパニックになりますからね。

なら狭くないMRIを選びましょう。

そのMRIの名はオープンMRIです。

オープンMRIならパニックになることもなく
ゆっくりと脳の検査をする事ができるのです。

オープンMRI

閉所恐怖症の治癒時間VS脳卒中の発症までの期間

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_s

閉所恐怖症だから恐怖を感じるMRIを避けるのか?

閉所恐怖症だからその疾患を
治してからMRIを受けるのか?

考え方は様々だとは思いますが、脳卒中は
いつ発症するか分からない病気なのです。

もし、あなたの脳に未破裂脳動脈瘤があったり、
無症候性脳梗塞があったりしたら
閉所恐怖症を治してからMRIに入るという
選択をしてもよろしいのでしょうか?

脳卒中の発症はあなたが閉所恐怖症である
という事情なんて組んでくれないのです。

閉所恐怖症を治すのは時間がかかる!?

7aee54cd73ce6fb269cfe529796d453d_s

閉所恐怖症を治してから脳ドックへ
行くという考えは意味は分かります。

しかし、心療内科に行って治す方法もあるとはいえ
どのくらい時間がかかるか知っていますか?

数か月はかかると思った方が良いと思います。

場合によっては1年以上することも考えられます。

脳梗塞の前兆、脳溢血の前兆がなくてもすでにあなたの
頭の中に無症候性脳梗塞や、未破裂脳動脈瘤があったら、
いつ脳卒中になってもおかしくはないのです。

閉所恐怖症を治したらという考え方はやめましょう。

恐怖を感じないオープンMRIで検査しましょう!

pl-2014291655789
脳梗塞や脳出血は症状が出てからでは遅いのです。

後遺障害に悩まされリハビリに
苦悩する日々が続くかもしれません。

発症してから病院に行くようでは最悪
絶命する危険性だってあるのです。

要は閉所恐怖症と脳ドックを天秤に
かけないということが大事なのです。

閉所恐怖症を気にしなくて良いオープンMRIの
脳ドックに行けばよいということなのです。

オープンMRIの脳ドックに行きたい方はこちら↓
オープンMRI

 

脳梗塞の予防!閉所恐怖症のためのオープンMRI!

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s狭いところを恐れて、MRIを避けることは
すなわち脳ドックで脳卒中を予防する
機会を失うということになります。

狭いところが苦手な方でも大丈夫なMRIが
存在することをあなたはご存知ですか?

開放感あふれるMRIがあるのです。

そのMRIの名をオープンMRIと呼びます。

聞きなれない方も多いかもしれませんが、
オープンMRIだと囲まれている感じが
無いので閉所恐怖症の方でも
パニックを起こすことなく入れるのです。

脳の検査でMRIの消去法はない!?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

「できればMRIの検査なしに脳卒中の
予防をしたい!」と考えられる
閉所恐怖症の方も多いと思います。

しかし、脳梗塞やくも膜下出血の原因となる
無症候性脳梗塞や未破裂脳動脈瘤などの
画像検査ではMRIのコントラストが優れておりこの
MRIを無しの脳ドックはあまり考えられないのです。

頸動脈エコーだけで済ませようと
しても動脈硬化が分かるだけなのです。

CTとMRIの違いはコントラストの優秀さが
関与するのでMRIを省くわけにはいきません。

頭を強く打ったりして脳出血の可能性を
考える場合にはまずCTですが・・・。

脳検査でのオープンMRIは信頼できる!?

m030962

どんなに閉塞感が無いといっても検査の
信頼性が無いとオープンMRIは選びませんよね?

もちろん信頼性も高いのが
このオープンMRIの特徴なのです。

トンネル型は超伝導磁石とオープン型は永久磁石を
使用しているという違いがありますが、
性能に関してはほとんど変わらないのです。

閉所恐怖症で脳ドックでの検査を諦めている
方はこのオープン型MRIで一度検査を
受けてみてはいかがでしょうか?

オープン型MRIで検査を希望される方はこちら↓
オープンMRI

脳ドックMRIの恐怖!VS脳卒中後遺症の苦悩!

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s

「脳の病気を放っておいてMRIに
入るという恐怖から逃げるか!?」

「症状のない今のうちにMRIに速やかに行くのか!?」

あなたならどちらを選びますか!?

MRIに速やかに行くという選択をしてください。

閉所恐怖症の方はMRIに入るという
恐怖を味あわなくても良いのです。

なぜならば狭いトンネル型MRIを選ばずに、開放感
あふれるオープン型MRIを選べばよいのです。

オープン型なら閉塞感なしに脳出血等のリスクが判明します

1de03752b0036cd7a015fecab4bdc978_s

例えばクモ膜下出血ならその原因となる未破裂脳動脈瘤
などの発見をする事により脳出血の症状が
出る前に予防や治療に進めるのです。

閉所恐怖症の方はオープンMRI設置の脳ドックに行けば
よいのですが、オープン型には入れると思い込んでも
今度は行くのが面倒だと感じる方もいるのです。

せっかくオープン型のMRIがあるので脳出血
などの後遺症に苦労しなくても
良いように予め検査をしましょう。

くも膜下出血はいったん発症すると
30%の方がなくなるというデータもあります。

オープン型でも面倒?後遺症で苦しむ?

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s

脳梗塞や脳出血の後遺症
苦しんでいる方はたくさんいます。

主な身体障害としては片麻痺があげられますが、
このリハビリの大変さは
そうなってみないと分からないみたいです。

他にも脳卒中は高次脳機能障害の原因にもなり、失語症
など言いたいことが言えないような症状にも陥るのです。

オープン型MRIなら閉所恐怖症のあなたでも入れると
思うなら躊躇しないで脳ドックを受けましょう。

後遺症で苦しむより検査を選んだ方が良いです。

オープンMRIで脳ドックを受けたい方はこちら↓
オープンMRI