脳ドックMRIの恐怖!VS脳卒中後遺症の苦悩!

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s

「脳の病気を放っておいてMRIに
入るという恐怖から逃げるか!?」

「症状のない今のうちにMRIに速やかに行くのか!?」

あなたならどちらを選びますか!?

MRIに速やかに行くという選択をしてください。

閉所恐怖症の方はMRIに入るという
恐怖を味あわなくても良いのです。

なぜならば狭いトンネル型MRIを選ばずに、開放感
あふれるオープン型MRIを選べばよいのです。

オープン型なら閉塞感なしに脳出血等のリスクが判明します

1de03752b0036cd7a015fecab4bdc978_s

例えばクモ膜下出血ならその原因となる未破裂脳動脈瘤
などの発見をする事により脳出血の症状が
出る前に予防や治療に進めるのです。

閉所恐怖症の方はオープンMRI設置の脳ドックに行けば
よいのですが、オープン型には入れると思い込んでも
今度は行くのが面倒だと感じる方もいるのです。

せっかくオープン型のMRIがあるので脳出血
などの後遺症に苦労しなくても
良いように予め検査をしましょう。

くも膜下出血はいったん発症すると
30%の方がなくなるというデータもあります。

オープン型でも面倒?後遺症で苦しむ?

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s

脳梗塞や脳出血の後遺症
苦しんでいる方はたくさんいます。

主な身体障害としては片麻痺があげられますが、
このリハビリの大変さは
そうなってみないと分からないみたいです。

他にも脳卒中は高次脳機能障害の原因にもなり、失語症
など言いたいことが言えないような症状にも陥るのです。

オープン型MRIなら閉所恐怖症のあなたでも入れると
思うなら躊躇しないで脳ドックを受けましょう。

後遺症で苦しむより検査を選んだ方が良いです。

オープンMRIで脳ドックを受けたい方はこちら↓
オープンMRI